生活費節約のコツとは?|袋の管理方法で足りない生活費を解消!

MENU

2人暮らしの生活費の平均と内訳は?

1人暮らしに比べて、2人暮らしは生活の大半を親子や恋人、配偶者だとしても他人と共有して過ごす以上、ある程度気をつかいます。
気をつかうのは生活リズムなどももちろんのこと、日々必ず必要になってくるお金の問題についても考えなければいけません。
制限をお互いにかけすぎるのもストレスになりますし、かといって使いすぎるのも生活に問題が出てきます。
2人暮らしの生活費の平均とその内訳を把握することで、今後のマネープランの参考になればよいです。
2人暮らしの生活費は夫婦に限れば、ゼクシィの新生活調査によると月の平均生活費は21万円です。
その内訳は、住居費が7.9万円、食費が3.7万円、光熱費・通信費が2.3万円、保険料が1.9万円、服・理容費が1.4万円、交際費や趣味が2.4万円、その他が3.2万円となっています。
しかしこの内訳は田舎と都会のものが両方入って平均されており、都会に住むとなれば土地代が高いので住居費が、田舎であれば人との交流が盛んなので交際費が平均より高くなるかもしれません。
同じ地域でも、安いスーパーが近くにあるかによって食費も変動しやすく、平均はあくまで参考程度に、住んでいる場所や環境を考慮して自分たちにあった生活費でやりくりしていくことが大切です。

 

 

夫婦で生活費を節約するコツとは?

夫婦で生活費を節約するコツは二人で協力し合うことです。
例えば奥さんが一生懸命頑張っていても旦那さんが浪費していてはなんの意味もありません。なのでまず第一に夫婦二人でしっかりと話し合うことが大切です。
ちゃんと話し合いをしてお互いの意見をまとめてから、どういう風に節約していくかを考えましょう。
コツとしては、塵も積もれば山となるということわざのごとく、毎日コツコツ一円でも多く節約することです。
方法として、生活費のなかで一番けずりやすい食費と電気代と水道代を節約しましょう。食費のけずり方は買い物に行く時には必ず買う物のリストを書きましょう。
そして財布の中はリストのものだけを買える必要最低限の額だけ入れておきましょう。そうすれば無駄遣いすることはありません。
電気代のけずり方はこまめに電気を消すことです。昼間はカーテンを開ければ電気をつけなくてもじゅうぶん明るいですし、夜は早めに就寝すればいいのです。
早寝早起きとなって体の調子もよくなり一石二鳥です。
水道代のけずり方は水の出しすぎに注意することです。エコにもなり環境のためにも良いことです。
このように夫婦そろって気をつけていれば生活費を節約することができます。

 

 

足りない場合は夫に相談しましょう

毎月の生活費が足りないと悩んでおられる方、勇気を出して夫に相談してみましょう。
足りないといっても家庭により事情はさまざまだと思いますが、二人で一緒に家庭を作っているのですから、相談の価値は十分にあるというものです。
女性が家計を預かっている場合は、夫はやりくりに無関心なことが多いです。
生活費は渡しているんだからという認識だけで、生活費が足りないなどということを考えもしないケースが多いのです。
お金の問題は夫婦共通の問題ですので、一人で悩むことなく相談しましょう。
たとえば、夫のお小遣い以外にも、飲み代や衣料品にお金をかけていたり、ギャンブルに興じていたりということもあるでしょう。
そのような場合は、家計の実態を説明し、最大限に協力を得るようにしましょう。
また、普段から節約を心掛けているにも関わらずお金が足りないこともあるでしょう。
お金は降って沸いてくるものではありませんが、二人で知恵を絞ることが大切です。
副業が可能なお勤め先であれば、副業を始められるかもしれません。
どちらが副業をするとしても、もう一人に子育てや家事の負担を引き受けてもらわなければならないです。
二人で力を合わせて乗り越えるためにも、まずは相談ですね。

 

 

一人暮らしの女性の生活費の相場とは?

女性の一人暮らしでは一体どのくらいの生活費が必要なのか、相場を考えてみましょう。
まず、住居費です。地域ごとの相場によりますが、都市部であれば最低でも6万円〜7万円でしょうか。
新築や築浅、設備が整った物件は、それ相応の家賃になっていきます。
次に、携帯電話料金です。以前は何万円もしていましたが、最近は通話もデータ通信も定額プランが登場したことにより、1万以内で収まるのではないでしょうか。
光熱水費は、季節変動があるものの、家に居る時間が長い人でも1万円以内で収まるでしょう。
次いで、衣料費と化粧品代です。これは個人差が大きいですし、仕事をされている方は仕事内容にもよるでしょう。
相場は2~3万円といったところくらいでしょうか。化粧品は女性ならではの出費ですので、なかなか痛いですね。
一人暮らしの生活費で最も大きいのが食費です。
女性は、自分で作るというイメージがあるかもしれませんが、なかなか一人暮らしで自分の分だけを作るのは大変なものです。
週に何日かは外食やお惣菜に頼ることになります。そのため、一か月あたり3万円〜5万円でしょうか。外食費は除くと妥当な金額だと思われます。
このように、生活費から見ると一人暮らしは不経済なところが多いですが、自由があります。ぜひ、楽しい暮らしを満喫してください。

 

 

生活費を袋で管理する方法とは?

生活費を効率良く管理する方法には「袋わけ」があります。
これはお給料を銀行から生活費を引きだしたら、各用途の名前を書いた袋(又はそれに近いもの)に小分けして管理するだけという簡単な方法です。
毎日小分けするのが確実ですが、実質かなり几帳面な方以外は面倒くさいと思うので、一週間、又は一か月単位で袋分けするのがよろしいでしょう。
生活費を財布にまとめて当月の給料をいれておくと、それぞれいくらまで利用可能という制限が頭の中で分かってはいても、支払いをする時に各用途(例えばこの場合は食費)がこの時点でいくらトータルで使っているか分からない為にうっかりオーバーしてしまい、貯金する予定のお金に手をつけてしまうというリスク回避に繋がります。
そもそもこの管理方法をする目的は、「必要以上に使いすぎない→余ったお金を貯金に回す」。つまり貯金しやすくする事が目的なのです。
よく節約上手の方が実施している「給料が振り込まれたら真っ先に目的の額を貯蓄して残りを生活費にあてる」。
この残った生活費を袋で小分けして使う事により相乗効果が現れます。
小分けしてあまったお金を更に貯蓄する事により、貯金額が増える事によりモチベーションもあがるので、この管理方法は効率の良い節約管理方法でしょう。

 

 

生活費で借金をした場合に役立つウェブサイト

生活費を節約したり使いすぎない工夫をしたとしても、場合によっては生活費が足りなくなることもあるかと思います。
そういう時にキャッシングなどで足りない分を補てんするということを繰り返していると、いつの間にか借金で苦しい状況になることもあり得るんですね。
もしそうなってしまったときのために、借金苦から脱出するための方法を知っていると便利です。
借金苦についてはココで紹介しているサイトが参考になりますので、興味があれば見てみてくださいね。

 

 

参考サイト:借金苦の人の生活はどれくらい悲惨

 

借金苦の人の生活とは、その苦しみの度合いに応じた悲惨な状況となっています。
借金苦が比較的軽度の場合は、衣食住の色々な部分で節約をしていくことになるかもしれません。借金で金欠になるためです。